Azureトレーニング IoT初級編 

講師:東京エレクトロン デバイス株式会社
クラウドIoTカンパニー 梶原 隆志

これからAzureを始める方向けの「AzureトレーニングIoT初級編」を動画でご提供します。これまで実際のトレーニングで好評を頂いておりましたコンテンツです。

全動画の閲覧をご希望の方は、右のフォームからお申し込みをお願いします。

事前準備のお願い
・トレーニング中にAzureのポータルへのログインを行うため、
 Azureのアカウント(作成無料)をご用意ください。
 (ご希望の方は右のお申し込みにアカウント希望と記入ください)
 
・サイト最下部の「トレーニングで使用するファイル」から
 下記2つをダウンロードしてください
 デバイスシミュレータ / Stream Analyticsのサンプルクエリ

動画1:Azureを使うメリット

ハンズオンに入る前に、IoTを構築する際にマイクロソフトパブリッククラウドAzureを使うメリットは何か考えてみましょう。

00:04:06

動画2:(事前準備)Azure関連のToolをインストールする

Azureへアクセスする前に事前準備として必要な2つのツール、デバイスの管理を行うDevice Exploreとストレージの管理を行うStorage Explore Toolをインストールします。

00:03:44

動画3:Microsoft AzureへのアクセスからAzure IoT Hubのインスタンス作成まで

ステップ 1:Microsoft Azure にアクセスする
ステップ 2:Azure リソースグループを作成する
ステップ 3:Azure IoT Hub のインスタンスを作成する

00:09:10

※動画4以降の閲覧を希望される場合は、お申し込みを頂くと画面遷移します

動画4:Azure IoT Hubにデバイスを登録し計測データを送信する

ステップ 4:Azure IoT Hub にデバイスを登録する
ステップ 5:デバイスからAzure IoT Hubに計測データを送信する

00:04:50

※閲覧ご希望の方は、お申し込みを頂くと画面遷移します。

動画5:IoT Hubからその先へ

IoT Hubにデータを送信した後は、Stream Analyticsでデータを必要に応じて変換や特徴抽出などして後段のサービスへ渡します。
本編ではデータを蓄積するためのBlob Storageと、可視化するためのPower BIへデータを渡します。

00:04:38

※閲覧ご希望の方は、お申し込みを頂くと画面遷移します。

動画6:Stream Analytics

Stream Analyticsはストリームデータのリアルタイム処理をします。本編ではStream Analyticsの設定についてご説明します。

00:07:37

※閲覧ご希望の方は、お申し込みを頂くと画面遷移します。

動画7:Power BI

可視化ツール Power BIでのレポート作成方法を説明します。
本編でセンサーデータ可視化までのハンズオンは終了です。

00:03:26

ご視聴ありがとうございました。
ご質問やご要望などございましたらお気軽にご連絡ください

お申し込み